2024年度公益社団法人五所川原青年会議所          

「個人の修練、社会への奉仕、世界との友情」の三信条の基、「明るい豊かな社会」の創造を目指します。

活動報告

【五所川原青年会議所2024年2月通常総会】

2024年2月20日(火)

五所川原青年会議所2024年度2月通常総会を開催させて頂きました。

2月通常総会は2023年度の収支決算を中心に会員全員に審議可決を頂く重要な総会です。

新入会員や仮入会員だけでなくオブザーブの方にもご参加いただき、総会ならではの独特な緊張感が伝わったことと思います。

今年から大きく変わった点として、SDGsの観点と将来の会の在り方を見据えて初めて基本資料のペーパーレス化を行いました。

慣れないデータでの資料共有で大変だった点もあるかと思いましたが、会員の皆様のおかげで無事滞りなく開催することができました。

本年度は60周年の節目を迎えるにあたり、これまで地域のために事業を続けて来ていただいた先輩方や地域の皆さまへ感謝の気持ちを持ちながら、事業を展開して参ります。引き続き五所川原青年会議所をどうぞよろしくお願いします。
2D7AD577-5BFD-4BDC-A3FE-C1160D601001
447EE74B-5F60-413B-A9B6-A120A4EF3520
6F11B0E9-6771-4CBC-A262-BEEE0D62121B

1月定例会「2024年度新年祝賀会」

2024年度1月13日(土)

本年のスローガン
「覚悟〜過去から現在 現在から未来へ〜」

石田潤理事長始めとする
五所川原青年会議所会員が一丸となって無事に60周年という2024年度の門出を祝いました。

コロナ禍も明け、3年ぶりとなる祝賀会形式での開催とし、沢山の来賓の方々シニアの方々、他LOMの方々に五所川原の覚悟を表明できたのではないかと思います。改めてお忙しい中ご臨席を賜りして、心より感謝申し上げます。

会員は徐々に少なくなり、不安になる中「若い我ら」での手を取り合い笑顔で縁を囲む姿に「まだ五所川原も捨てたものじゃない」今後の五所川原の発展の光が見えました。

佐々木孝昌様のご祝辞にもあったように期首人数30名という少ない人数となりましたが、少ない人数だからこそ今後の五所川原JCの在るべき姿を見直しより良いものの追求、そして発展。変革。

本当に地域の方々が求めるものは何なのか。見直す時期が来たのではないかと思います。

多種多様化する未来に。
益々のご発展と新しい風を。

会員一同「地域への情熱」を忘れずに覚悟を持って邁進して参りますので、本年もどうぞよろしくお願いします。
60DAF4E0-209B-40A0-BA08-AEECA9B43400
EF770DC5-C3A6-408B-BCB4-67630052236C
1B9C2161-2DF4-4B8D-9EB3-B9FEED674CC0
E1AFD7FB-5B57-4AA7-B91A-CAB486B826B1

 

12月定例会

令和5年12月2日(土)

【12月定例会】

1年間の事業を振り返り、来年度へバトンを渡しました。
LOM内褒賞授賞式では本年度の功労者を表彰しました。

1年間を締め括る最後の定例会でしたが、無事に開催することができました。本年度の反省を来年に引き継ぎ、より良い運動に繋げて参ります。

そして、第2部では
【卒業式並びに家族交流会を行いました】

本年の卒業会員は8名となり、各種事業を引っ張っていってくれた皆さんが次年度からは居ないという事実に、胸にぽっかりと穴が空いたような感覚です。
ですが、これからも続く青年会議所活動を我々は卒業生の皆様に安心して見守っていただけるよう精一杯努力して参ります。

また、家族交流会では会員23名、ご家族が27名のなんと総勢50名となりました‼️
過去数年は行うことを見送られてきた、家族交流会が無事に開催出来た事は本当に嬉しく思います。
次年度以降も開催されることを願いながら、12月定例会の報告とさせて頂きます。

本年も1年間ありがとうございました。
そして2024年度もどうぞよろしくお願い致します。

2 1 3

9月事業「幸樹園夏祭り」

9月17日(日)五所川原青年会議所初の試みである、鶴田町にある幸樹園さんとコロボで幸樹園夏祭りに参加しました。

幸樹園夏祭りとは、幸樹園さんが日頃からお世話になっている近所住民の方々へチラシを配布し、まつりを開催しました。

我々は、五所川原青年会議所はBBQの用意やお菓子、おもちゃくじ、わたあめ、かき氷の飲食ブースを設置しました。

子供たちの笑顔と残暑の日差しがとてもまぶしく、これぞ夏祭りと感じました。

当会の事業や定例会の最大目的は明るい豊かな社会(まち)の実現です。その目的の実現には地域の若い世代が最大の力であり、地域の宝と考えます。

より一層地域の笑顔の為、地域の子供たちの笑顔の為邁進して行きますので、今後とも両方の更なる発展の応援をよろしくお願いします。
2 3 4 5 6

無料ダンス体験会開催のお知らせ

当会主催のイベント告知になります!

381155275_1250986752312794_7612458568165546244_n

「楽しく踊って健康に!無料ダンス体験会」

日時:2023年10月22日(日)
   13:00 – 受付開始
13:30 – 体験会開始!
場所:五所川原市中央公民館 1F 大ホール
定員:100名
対象者:誰でも
↓↓↓イベントへのお申込みはこちから↓↓↓
(内容をよくご確認の上、お申込みください)
https://x.gd/GWTBG

・企画のいきさつ
運動が体に良いのは皆さんもご存じかと思いますが、音楽に合わせて体を動かすともっと体にいいんですよ!
と、いうことで五所川原をダンスを通じて明るい元気なまちにしていきたい!
そういう想いでこのイベント企画を致しました。

・対象者(誰でも)
運動不足を感じているそこのあなた
子供にダンスを習わせてみたいけど悩んでいる
少し興味があるけどスタジオに通う踏ん切りがつかない
Tiktokでキレがあるダンスを撮りたい!映えたい!
などなど、全ての方の入門編として「楽しく」をモットーに当日のプログラムを用意しております。
奮ってご参加ください!

ご家族、ご友人との参加も歓迎しております!
(代表者の方が申し込んでください→要参加人数の記入)

それでは10月22日(日) 13:00 –
五所川原中央公民館にてお会いしましょう!

【親子de立佞武多】並びに【親子de囃子】を終えて

今年度は4年ぶりとなる5日間の平常開催となりました五所川原立佞武多、そこへ3日間参加致しました。

また、今年度より囃子方礎会さんの協力のもと親子で参加出来る囃子団体を設け、より祭りとの関わりを広げることができました。

猛暑となった今年の立佞武多ですが、大きな事故や怪我もなく無事終えることができました。

参加者延べ1000人を超す今年の立佞武多事業でしたが、子供達の大きな掛け声や笑顔をみることができ楽しんでもらえたと思っております。

ご参加・ご協力頂いた皆様ありがとうございました。

1 2 3 4

8月定例会じょっぱりロード2023~OMOIYARIの旅

【じょっぱりロード2023~OMOIYARIの旅全体を通して】
今回は暑さとの戦いのじょっぱりロードとなりましたが、歩き切った子供たちの表情は自信と感動に満ち溢れていました。
保護者をはじめ、関係者の皆さまにはどれだけ感謝してもしきれません。3日間の経験は大人になっても自信となって子ども達の中に残り続けます。
3日間本当にありがとうございました。
363426136_1224315194979950_6861584829335457989_n 364163553_1224315054979964_3894979658264590796_n 364768627_1224315068313296_6208599477112284207_n

7月定例会

【7月定例会~役員選考委員会委員選挙~】

2024年度に向けて重要な役員選考委員会委員選挙を行わせて頂きました。

※役員選考委員会委員選挙
次年度理事長を決める人を選出する選挙です。
選ばれた人(6人)+理事長経験者今年(2名)確定
計8人で次年度理事長を選出する選挙です。
つまりは選ばれる(6人)を選挙で選出します。

結果は・・・・。

今年度は、事前ハガキ投票を行い、現地参加のみで、リアルタイム開票を行いました。

皆様ハガキを事前に投函し、来年度に向けて、未来に向けて、自分の意思を投函して頂きました。

また、リアル開票は緊張感、臨場感がありました。

そして、後半はこれから行われるじょっぱりロード、親子de立佞武多の会員向け説明会。残りの今年度の事業へ向けての理解と周知、そして来年度並びに未来の五所川原青年会議所を会全員で考えました。

この時間が、きっと未来の五所川原青年会議所と未来の地域へ繋がっていくと信じ、今年の残す事業、定例会を邁進して参ります。

1 2 3

虫と火まつり親善大使活動報告

【虫と火まつり親善大使活動報告】

虫と火まつり親善大使とは、市内の高校、短大生からなる団体で、まつりのPRや松明制作を通し、地域の文化と伝統を継承するために結成された団体です。今年はコロナ禍明けを機に4年ぶりの親善大使活動となりました。
[親善大使登録者数]
東北能開大青森校:40名
五所川原高等学校:39名
五所川原第一高校:4名

[親善大使活動]
・松明の制作体験
・小学校で虫送りの紙芝居読み聞かせ授業
・小学校で願い紙、小松明の制作補助
・ラジオに出演してのPR活動(6回)
・エルムの街でのPR活動(2日間)
・市長を表敬訪問して活動報告

5月10日から始まった松明の制作作業から約1ヶ月の間、沢山の親善大使が毎日遅くまで制作や各PR活動を行ってくれました。

今年は市内の小学3・4年生を対象に全11校で出前授業を行わせて頂き、約400名の児童に虫送りの魅力を伝える事が出来ました。参加した小学生は五所川原の至る所に隠れる虫(龍、ムッシー君)について興味津々でした。

また、ラジオ、エルムの街でのPR、市長表敬訪問では最初は緊張した面持ちでしたが、終盤は大きな声で自分の思いを伝えてまつりのPR活動を頑張っていました。

まつり当日は、各関係団体の皆様や、各学校関係者、親善大使の皆様のご協力のお陰で沢山のご参加を頂き小学校約300名、保護者の方を含めると約800名もの松明運行となりました。沢山のご参加を頂き、本当にありがとうございました。

一ヶ月間制作を頑張った分、自分たちの作った松明や小学生の願いのこもったアマビエムッシーが目の前で燃える景色、そして大虫様の昇天は格別な光景だったことと思います。親善大使の皆さん一ヶ月お疲れ様でした。そしてありがとうございました‼️
それでは、地域の幸せを願って弥栄‼️

5 8 3

令和5年度奥津軽虫と火まつり

天下泰平、国家安泰、五穀豊穣、悪疫退散など、地域の幸せを祈る「奥津軽虫と火まつり」が17日、青森県五所川原市岩木川河川敷で開催する事が出来ました。

4年ぶりに有観客での開催となった今年は、火まつり団体の他に、子どもたちが作った小松明を持ち運行に参加する事も再会出来ました。

参加された団体の皆さまには河原の中だけではありましたが、運行を楽しんでいただけたと思います。

演奏、演舞のご協力を頂いた団体の皆さまもまつりを盛り上げていただきまして感謝申し上げます。

会場に足を運んで頂いた市民の皆さま約2千人に見守られて、クライマックスの大虫昇天まで滞りなく終える事が出来ました。

本当にありがとうございました。

1-1 1-3 1-7