2021年度公益社団法人五所川原青年会議所          

「個人の修練、社会への奉仕、世界との友情」の三信条の基、「明るい豊かな社会」の創造を目指します。

お知らせ・活動報告

6月19日(土)第49回奥津軽虫と火まつりが、神明宮境内で開催されました。今年は、コロナ渦の影響もあり各小学校でのまつり伝承の授業を行う事が出来ませんでした。その代わりに市内の高校生が作成した紙芝居動画とまつりPV、虫送りクイズをDVDにまとめて、市内11校の小学校へ配布しました。また、各小学生や参加団体の皆様に願い紙へ願いを書いてもらい神事にてお焚き上げをしてコロナ収束を願いました。来年は通常開催ができる事を切に願います。
2021.06.25

6月19日(土)第49回奥津軽虫と火まつりが、神明宮境内で開催されました。 コロナ禍を考慮し、本年は無観客による関係者のみの神事となりましたが、まつりの目的である、地域の幸せ、そしてコロナ収束を願いました。 この願いが無事届き、50周年となる来年は皆様に運行を楽しんで頂けることを祈念致します。 また、今回は演奏・演舞の御協力を頂きました。後日まつりの様子を動画にて配信致しますので、そちらで少しでもまつり気分を味わっていただけたらと思いますので御視聴よろしくお願い致します。
2021.06.23

地域の幸せを願う神事として毎年開催されている「奥津軽虫と火まつり」。 本年は、コロナ禍を考慮し、河原での開催を実現しようと計画していましたが、御存じの通り、五所川原地域において新型コロナウィルスの状況が未だに予断を許さない状況にあり、市民へ不安を与えてまで開催するには困難であるとの結論に達し、関係者のみの境内での神事へと変更することとなりました。 誠に残念ではございますが、会員一同地域の幸せと未来を願い、今後も運動を発信して参りますので今後共お願い申し上げます。来年こそはコロナが収束し、皆様にお披露目できることを祈念致します。 尚、境内の神事の様子は開催後、動画配信を致します。詳細は当会HPをご覧ください。
2021.05.26

4月17日(土)4月定例会「異業種交流会」を検温・手指消毒等のコロナウイルス感染対策をしながら行いました。会員・新入会員・オブザーバーで楽しく交流し友情を育む事ができました。今後も会員交流の場を設け、仲間意識が織りなすJC運動へとつなげていきます。
2021.05.02

3月25日(木)18:30~21:00 五所川原市民学習情報センターにて 3月定例会 『生みだそう120,000円分の効果~JC活動を通じて~』と題して、会員の資質向上を目的に開催しました。前半は目的と目標の違いについて青森ブロック協議会 LOM支援委員会 副会長の大山君にご講演していただきました。後半のグループワークでは委員会ごとに目的と目標を今一度話し合いました。仲間と力を合わせて地域に向けた取り組みを実施していくための有意義な学びの機会となりました。
2021.03.26

2021年度もよろしくお願い申し上げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加