2017年度奥津軽虫と火まつり実行委員会

奥津軽虫と火まつりは、天下泰平・国家安泰・五穀豊穣・悪疫退散の祈りを込め毎年開催しております。

基本方針

奥津軽虫と火まつり実行委員長
坂本 興平
 「天下泰平」「国家安泰」「五穀豊穣」「悪疫退散」の祈りを込めて毎年開催している「奥津軽虫 と火まつり」は、諸先輩方の弛まぬご尽力と地域の皆さまからのご理解に支えられて、本年度で 45回目を数える伝統行事となりました。時代の移り変わりに沿うように、より良いまつりの姿 を模索しながら運営してまいりましたが、近年は特に虫おくり団体の減少が懸念されております。
 虫おくりは、古くから西北五地域で執り行われてきたものであり、度重なる自然災害や大火を不撓不屈の精神と結の精神でもって乗り越えてきた時代においても、人々とともに在りました。その長い営みの積み重ねは我々の精神性を培い、今日に至る地域の発展へと繋がっています。これからも地域に根ざした伝統の燈火を絶やすことなく、地域の幸せを願うまつりとして次なる半世紀に渡り繁栄していくためには、関係諸団体との更なる連携を図りながら、継続的な運動展開をしなければなりません。
 そのためには、近年に引き続き西北五地域の学生の方々より成る「奥津軽虫と火まつり親善大使」事業への参画をいただきながら、次世代を担う子ども達に「奥津軽虫と火まつり」の意義を広く伝播する機会を設けていくことで、まつりへの関心を深め参加へと繋げます。また、実行委員会においては関係諸団体との更なる連携を図りながら、参加者や観覧に訪れる市民が安全にまつりを遂げられるよう取り組みます。更には、虫おくり団体減少への打開策を協議し、克服に向けて行動を興すことにより、地域の幸せを願うこのまつりがより繁栄していけるよう土壌造りを行います。
 地域に根ざした伝統の燈火が絶えることなく、地域の幸せを願うまつりとして次なる半世紀に渡り繁栄していけるよう全力で取り組みます。

2017年度組織図

組織図
「天下泰平」「国家安泰」「五穀豊穣」「悪疫退散」の祈りを込めた伝統の燈火を絶やす事なく「まつり」を創造し、継承・繁栄させて行く。

交通案内

当日の交通規制図です。

制作の様子

2017年度参加団体一覧

  • けやぐ虫おくり愛好会

    三度の飯より虫おくりが好きだという有志の集まりで結成されており、現在五所川原地区の虫おくり会をひっぱっていっております。

    けやぐ虫おくり愛好会
  • 飯詰蟲會

    歴史と伝統が溢れる飯詰地区からの参加です。五所川原発祥の地とも言われている飯詰地区では現在も旧飯詰村をあげての200人規模の運行となっており、現在ではこの伝統的行事を見れるのも、このまつりしか無いようだ。

    飯詰蟲會
  • 五所川原市登山囃子保存会

    津軽地域に古くからある登山囃。岩木山お山参詣でも有名です。

    五所川原市登山囃子保存会
  • 火まつり囃子

    つがる西北五地区の囃子好きで構成されており、奥津軽虫と火まつりの際は火まつり囃子というオリジナル楽曲を演奏し、大虫の昇天にも花を添えます。

    火まつり囃子
  • 火まつり親善大使

    西北五地域の五所川原青年会議所が主催する親善大使試験に合格した高校生と大学生で構成されており、現在では伝統の継承者として重要な役割をはたしている。

    火まつり親善大使
  • 荒馬

    運行の先頭を走る荒馬は道を清める意味があり、市内の高校生が主に担当している。

    荒馬
  • 五所川原市登山囃子保存会
    けやぐ虫おくり愛好会
    浅井獅子踊保存会
    飯詰蟲會
    漆川獅子舞保存会
    五所川原第一高等学校獅子舞同好会
    火まつり囃子
    五所川原市立五所川原小学校3年生
    五所川原市立南小学校4年生
    五所川原市立三輪小学校4年生

  • 奥津軽虫と火まつり親善大使
    (株)吉田産業五所川原支店
    (株)みちのく銀行五所川原支店
    青い森信用金庫五所川原支店
    青森銀行五所川原支店
    米陸軍車力通信所
    (株)角弘五所川原支店
    青森職業能力開発短期大学校
    青森ブロック協議会アカデミー大学

お問い合わせ

お問い合わせは、公益社団法人五所川原青年会議所まで